情熱のアレを読んだ感想

「情熱のアレ」はタイトルにそそられて読んでみました。
まさか大人むけおもちゃ開発の会社の漫画とは思いませんでしたが、その舞台を含めてもとても面白かったという感想です。
掲載誌が女性誌で、作者の方ももともとは本格的な少女漫画家さんだったそうですが、そのせいか絵も安定していてうまいし、女性が読んでいて好感がもてます。男性キャラクターも妙にリアリティはあるのに、しっかり色っぽさは抑えていて皆かっこいいです。
そして細やかな心情表現はさすがとしか感想がでません。今現在主人公と自分が同じ歳なのもあるのか、身につまされたり、心に響くセリフがたくさんありました。特に、主人公が元カレとのセックスレスに対する自責の念を思わずこぼした際に返した、相手の男性の「どちらも相手のことを知る努力がちょっと足りなかったんです」という言葉。体の関係にはまず心ありき、という基本を思い出させ、相手への愛情をものすごく感じて胸がときめきました。最後まで引き込まれてしまい、とても楽しんで読むことができました。