まんがグリム童話 吉原華の乱を読んだ感想

電子書籍サイトで人気が高い「まんがグリム童話 吉原華の乱」という漫画を読んでみましたが、感想としてはまず絵柄が好みだった点が挙げられます。レディースコミックの漫画の中には、絵柄のタッチが苦手な作品も多いのですが、このまんがグリム童話 吉原華の乱は一般的な少女漫画のように可愛らしい女性やイケメン男性たちが沢山登場するので見ていて飽きないのが嬉しいです。
また、ストーリーの感想としては、財閥令嬢というかなりのお嬢様だった主人公が継母の策略によって女郎にまで身を落とし、遊郭の中でも辛い体験をしていくというかなり暗い印象のストーリーですが、私はM気質なところがあるのでそのようなシチュエーションにかなり萌えました。
10巻以上も続いている大作ですが、一度読み始めると次から次に読み続けることが出来るため、面白いレディースコミックを探している人には大変おすすめです。
花魁という今やメジャーとなった題材でも、まんがグリム童話 吉原華の乱に登場する主人公は今までにいなかった新しい花魁の姿を見せてくれるので新鮮です。